うまいぞLA

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょい中東な南仏風ビーフ

働いてると、帰宅して夕食に煮込み料理とか
無理…

なんですが!前の晩に作って冷蔵庫に鍋ごと
入れとけば、次の日に食べられます~。


という訳で、南仏風チキンと同時進行で
作っておいた、これまた南仏風のビーフ料理、
ガルディアン・ド・トロ (gardian de taureau = カウボーイ)!
IMG_3435.jpg

塩で有名な南仏カマルグ地方の名物料理で、
赤ワインで煮込んだ牛肉。

あび様の好きなビーフ(ブッフ)ブルギニョン
似てるけど、こっちは南仏風にオリーブとか入ってます。


で、なんでちょい中東風かというと…

本来白いご飯を添えるこの料理なんですが、
今回はイランのハーブライスにしました。
IMG_3431.jpg



さて、このガルディアン・ド・トロ、
前日どころか、前々日から闘いは始まっております!

あ、レシピはこちらを参考にしました


調理の前日、
牛肉450gくらいを一口大に切ります。
(すねとか、肩バラとか、煮込みに適した安い肉)
それと、玉ねぎ1個粗みじん、
にんにく1かけ(包丁でバンッとつぶす)、
にんじん適量、
赤ワイン1/2本
をジップロックに入れて冷蔵庫で1日漬けときます。

当日、
ジップロックから肉だけを取り出し(漬け汁はとっておく)、
鍋にオリーブオイル大さじ2を熱して
肉を焼きます。

肉の表面全体が焼けたら
オリーブの実適量、
トマトペースト大さじ1、
水1カップとコンソメ、
ローズマリー、タイム、ベイリーフ適宜
を加えます。
IMG_3423.jpg


そこへ肉の漬け汁を野菜と共に投入。
IMG_3424.jpg

あとはふたをして弱火で2時間くらい
煮込み、塩コショウで味を調えて出来上がり。


これが終わるとだいたい夜10時過ぎって感じなんで、
室温で冷ましておき、寝る前に鍋ごと冷蔵庫に
入れておけば…

翌日帰宅後は温めるだけで食べられマース。


但し!
今回オリーブの実を多く入れすぎて
味が濃い!

写真の半量くらいでいいと思います。

| 世界なレシピ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umaizola.blog95.fc2.com/tb.php/866-15562cba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析