うまいぞLA

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絶対ジューシーなローストターキー:サンクスギビングその1

さて、昨日はサンクスギビングでした。ただ今4連休中~!

怒涛のサンクスギビングディナーのレシピを
今日から3日間にわたってお届けしたいと思います。
気が変わらなければ…。

サンクスギビングと言えばローストターキー。
ローストターキーといえばパッサパさ!
今回はそんな常識を覆す!
ジューシーさ保証のハーブローストターキーですよ。

日本だとクリスマスディナーに是非お勧めです。

まずはターキーを買ってきます。
ここ数年はゲルソンズのおじさんお勧めDiestel。
Diestelのターキー
もし冷凍だったら数日前に購入し、冷蔵庫でゆっくり解凍してね。


パッケージから出したら冷水で洗い、ロースター(深い天板)
に胸を上にして移して、ペーパータオルで水気を拭く。内側も忘れずに。
ターキーとギブレット
ターキーのキャビティー(空洞)内にはギブレット(内臓類)が入って
るので、取り出してください。
写真左側、胸の空洞内にはレバー、心臓、砂肝等。
写真右側、お腹の空洞内には首つる。
これらギブレットは、今回はグレービー用に別鍋に移しておきます。


胸の空洞にクシ切りのオレンジを数個入れ、手羽を下方に折り曲げて
固定します。
ターキーにオレンジ


事前に鍋にバター100gくらいを溶かし、
ミックスハーブ(Herbs de Provenceなど)と
オリーブオイル1カップ、塩大さじ2くらいを混ぜて
冷ましておきます。


冷めて少し硬くなったハーブバターを、ターキーに
塗りたくります。
ターキーにハーブバター
お腹の空洞に、クシ切りのオレンジ、レモン、青りんご、
生のローズマリーの枝、セージの葉を詰めます。


ターキーの周りにオレンジ、レモン、青りんご、紫玉ねぎ、
ローズマリー、セージなどを並べます。

そしてその天板にビールを2缶注ぎます!

空洞にはパンのスタッフィングを詰めるか詰めないか議論の的
になりますが、ロースト中スタッフィングにターキーの生の肉汁
が染みて、火が通ってないとサルモネラ感染の恐れがあるのと、
スタッフィングに染みた肉汁にも完全に火を通そうとすると
肉がパサパサになるので、お勧めしません。
スタッフィングは別個に作りましょう。


さて、準備の出来たターキーを475F(摂氏245度)のオーブンに
入れて40分焼きます。


40分たったら胸の部分にアルミホイルを2重にしたものをかぶせ、
オーブンの温度を350F(摂氏175度)に下げて再び焼きます。
途中アルミホイルをかぶせる


今回のターキーは10ポンド(約4.5kg)だったので1時間45分
焼いています。
最初に高温で40分焼いているのでこの時間です。
ももの部分にナイフを入れてみて、肉汁が透明なら
焼き上がり。



焼けました。
ハーブローストターキー
まぢジューシーですよ。

オーブンからとりだしたら、天板のまま20分ほど放置します。


ターキーに各種サイドディッシュ
サンクスギビングディナー
先日紹介した手作りクランベリーソースの他に、
蒸しアーティーチョーク、スタッフィング、ヤムのマシュマロ焼き、
グレービーなど。

これらレシピは明日アップします。

あと、マッシュポテトものっかってますが、これはインスタントです…。


そしてデザートは…
デザートのレッドベルベット
ついに作ったよ、レッドベルベット・カップケーキ!
このレシピも数日中にアップしますね。


追記:

2009年サンクスギビングで
更に絶対ジューシーなローストターキー(ブライン法)できました。
見てね!



追記その2:

2010年サンクスギビングで
フライド・ターキー頂きました。
見てね!





↓本日も応援宜しくお願いいたしまーす!

ロサンゼルス(海外生活・情報) ブログランキングへ

こちらもついでにクリックお願いいたします。
 
いつもご贔屓いただき誠にありがとうございます

Youtubeもみてくださーい!
登録絶賛受付中
abbydayo's channel

| アメリカなレシピ | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あびままさ~ん、こんばんわ^^
あら本当だ。ネタが2回もかぶってる上、これから数日間もかぶり続ける可能性が大いにあります(笑)。
でも。あびままさんのレシピも超参考になるので、被りネタ、楽しみに
しています~!!
ちなみに、ブラックフライデーの買い物、私は全然収穫なくてがっかりでした★

| Sala-アメリカごはん- | 2008/11/28 19:30 | URL | ≫ EDIT

(^_^)

おお~!
凄く手が込んであって素晴らしい作り方じゃないですか~
これならターキーも美味しいんですね!
うちはターキーがあまり好きじゃないというか美味しいものを食べたことがあまりないのでこういうターキーを食べたらどんな感じなのかな~?って興味津々ですv-238

| JapanSFO | 2008/11/28 21:54 | URL | ≫ EDIT

感心しますわぁーー作ったんですかターキー!
私は8年間で1度だけですね、でパッサパサに仕上がって食べ尽くすのに苦労して以降、挑戦していません。
でもまたいつか挑戦しようと思うときのために、レシピ保存させていただきます!

| すてら | 2008/11/29 00:29 | URL | ≫ EDIT

あびままさんすごいわ~。v-425 一度見てみたかったターキーの焼き方、とってもわかりやすくて感動。マーサのポジション、チェンジの推薦したいくらいだわさ。
丸ごとのターキーやチキン、手に入ったらぜひ作らせていただきます。
カップケーキも楽しみにしてますね~。

| なめっぴ | 2008/11/29 08:53 | URL | ≫ EDIT

カラフルターキーだー★

パチパチパチv-424
やっぱり、この手の料理はあびままちゃんだね~。
想像はできるよ♪ 上手に焼けてると、
ターキーもジューシーだもんね。
それにしてもすごーーーい。私は内臓と首が
怖くてギャーギャー言いそう。(注射より怖いよ)

けど、フルーツたっぷりのこの作り方、
珍しいね。なんかカラフルで可愛い♪

カップケーキもいいねぇ。レシピ待ってるぞ~。

| まっころ | 2008/11/29 10:18 | URL |

10lbってデカ‼ 小振りなターキーなら挑戦したいですが、前日にスーパーに行ってあまりのデカさに断念しました。ジューシーならレタスど~ん、マヨを豪快に掛けてサンドイッチにして食べたいです。

| father | 2008/11/29 20:46 | URL | ≫ EDIT

Salaさま
買い物行ったんですね~。私は絶対行きませーん。並ぶのキライ。
ニュースでBest Buyに前の晩から列作ってるのみただけでもうダメ!
コンサートのピットチケット入手のときだけは死ぬ気で並ぶけど…!


JapanSFOさま
実は私もそんなに好きじゃないです…なんか義務感という感じ。
せめてジューシーに仕上げようと。
あび様がターキーに飽きたらもう作りませーん!
それより、Dさんのプライムリブの方が絶対うまそーです!!


すてらさま
ターキーの独特の味はしますが、パサパサは回避できますので
試してみてくださーい。
でもホント、できることなら違うものでお祝いしたいですよね~。


なめっぴさま
日本だと、ベビーターキーつうのが売ってますよね。
あっちの方がおいしそうだわ~。
チキンも焼いてると胸肉から火が通ってパサパサになるんで、アルミでカバー、試してみてください。ビールもね!


まっころっち
そうなの、内臓はまだビニールに入ってるけど、
く、首つる、そのまま入ってて、
手で取り出すの勇気入るんだよ…
ターキーを洗うときも、なんか生々しくて最初はビビッタよ。
フルーツいいでしょ。ジェイミーオリバーがやってたんだよ。こっちでは最近みないけど、イギリスではまだTV番組やってんのかな?


fatherさま
10lb、これでも一番小さかったんです。
オマエは子牛かっ!つうくらいデカいのもあったけど、
きっとパッサパさなんでしょうねー。
サンドイッチのマヨにクランベリーソース混ぜてもおいしいですよ。

| あびまま | 2008/11/30 00:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umaizola.blog95.fc2.com/tb.php/192-04be8dbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析