うまいぞLA

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスからお正月へ

2013年も暮れようとしてます。
今年も早かったな~。
さようなら2013!そして、こんにちは2014!!

ホリデー中も全然アップできてなかったのでダイジェストで…


クリスマスイブパスタ。
01.jpg
オリーブ油でニンニクと赤唐辛子を熱し、
シーフード類を炒めて白ワインをふり、
クリスマスカラーの赤ピーマンと緑ピーマンを加え、
ゆでたスパゲティ、レモンの皮の摩り下ろしを和える。


寝る前にサンタさん用のクッキーとミルクを
ツリーのそばにおいて…
02.jpg


クリスマスは朝からローストの用意。
03_2014010104312417d.jpg
今年もプライムリブ。
でかすぎだって言ってるのに…


アペタイザーはヘルシーに野菜スティックから。
IMG_5150.jpg


スモークサーモンとニシンのピクルスは
クレームフレーシュと一緒にクラッカーにのっける。
IMG_5156.jpg

野菜用ディップはトレジョーのオニオンディップでごまかす。
IMG_5151.jpg IMG_5157.jpg IMG_5155.jpg
ちっちゃなカップにかに、マヨ、ライム、しょうが、シラントロを
和えたのを入れたクラブクルスタード。


クリスマスパンチ。
IMG_5158.jpg


ディナーのサイドディッシュは
皮付きマッシュドポテト、スキャロップドクリームコーン、
根菜のロースト(パースニップ、人参、ベイビーゴールデンビーツ)に…
IMG_5162.jpg IMG_5163.jpg IMG_5164.jpg

大定番のグリーンビーンキャセロール。
IMG_5165.jpg IMG_5166.jpg
今年のヨークシャープディングはうまくできた!


完成。
IMG_5161.jpg


いつもながらクリスマスはこんな感じ!
IMG_5167.jpg


シメのデザートは去年と同じく
ジンジャーブレッドチーズケーキです。
IMG_5168.jpg


という訳でめくるめく過ぎ去った2013年…

2014年も皆様にとって素晴らしい1年でありますように!!


2014年もよろしくね~↓

カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ

こちらもついでにクリックお願いいたします。
 
いつもご贔屓いただき誠にありがとうございます
スポンサーサイト

| アメリカなレシピ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お菓子の家

クリスマスまであと1週間!
頭の中はすっかりホリデーっす。

今年はお菓子の家(ジンジャーブレッドハウス)を
手作りしたぜ~。

あび様がどうしても手作りするといったのに、
結局ヤツが手伝ったのは最後の飾りだけ(笑)。


レシピのパクリ元はこちら


では、いってみよー!!


お菓子の家


材料
(カッコ内はアメリカの分量)

薄力粉 750g (6 cups)
ベーキングパウダー 小さじ1/2
粉末ジンジャー 小さじ4
粉末シナモン 小さじ4
粉末クローブ 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
バター 170g (1 1/2 sticks)
ブラウンシュガーor三温糖 300g (1 1/2 cups-packed)
全卵 2個
モラセスor黒蜜 340g (1 cup)
水 大さじ1


生地を作る

1.最初の6材料(粉もの)を混ぜておく。

2.バターとブラウンシュガーを電動ミキサーでふわっとなるまで混ぜ、
卵、モラセス、水を加えながら混ぜる。

3.2に1を半分ずつ加えながら混ぜ、粉をふった台に移し、
手でこねてボール状にまとめる。

4.ラップで包み、最低2時間冷蔵庫へ。一晩が望ましい。3日前に作ってもOK。
焼く当日は生地を伸ばす10分前に冷蔵庫から出しておく。


生地を伸ばして焼く

生地を2つに分け、粉をふった台にのせ、生地の上にも粉をふり、
麺棒で6~7mm位の厚さに伸ばす。
photo 2


ダンボールで作った型紙をのせて、生地を切る。
(型紙はこちら‐屋根 側面と煙突 前面と後面
インチなのでご注意)

photo 1 photo 3 photo 4


油を塗るか、パーチメントペーパーを敷いた天板に生地をのせ、
350F(175℃)のオーブンで11~15分焼き、
金網の上で完全に冷ます。
photo 5


卵白1個分に粉砂糖450gとレモン汁大さじ1を加えて
ミキサーで混ぜてロイヤルアイシングを作る。
角が立つくらいの硬さならOK。ゆるすぎたら粉砂糖を足す。

ロイヤルアイシングを絞り出し袋に入れ、焼けた生地を組み立てる。
photo 6

まずは前面と側面2枚を貼りあわせ、後面を足して
1時間置き、固めたあとで、屋根を貼る。
屋根はずれやすいので、手で数分押さえる必要アリ。

その後はロイヤルアイシングとお好きなお菓子で飾ってください。



できたぜ~!!

photo 7


ジンジャーブレッドの香りで
クリスマス気分いっぱいになるよ!!

クリスマスプレゼントで頭がいっぱいです。
気合のクリックお願いします↓

カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ

こちらもついでにクリックお願いいたします。
 
いつもご贔屓いただき誠にありがとうございます

| パンとお菓子 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バノフィーパイ

という訳で昨日に引き続き
サンクスギビングに持って行ったパイの2種類目、

バノフィーパイです。
photo 18


バノフィーというのはバナナとトフィーを掛け合わせた
名前で、イギリスのパイ。
アメリカ風に言うとバナナキャラメルパイになります。


今日は缶詰キャラメルソースを使った簡単な方法です。


バノフィーパイ


材料
(日本の分量です。アメリカの分量はカッコ内)

グラハムクラスト:
グラハムクラッカークラム 170g (2cups)
(グラハムクラッカーを粉々にしたものです)

バター 115g (1スティック)
グラニュー糖 60g(1/3 cup)

フィリング:
Dulce de Leche(キャラメルソース) 1缶
バナナ 2本
生クリーム 300mlくらい (1/2パイント)
グラニュー糖 大さじ2
板チョコ 適宜


作り方:

グラハムクラッカークラムに溶かしたバターと
グラニュー糖を加えて良く混ぜ、
深いパイ皿の内側に敷き詰めて
冷蔵庫で30分冷やす。
photo 10 photo 11


Dulce de Lecheをパイの底に敷く。
photo 13 photo 14 photo 15


その上に1cmくらいの厚さに輪切りにしたバナナを敷き詰める。


生クリームとグラニュー糖大さじ2を角が立つまであわ立て
バナナの上にかぶせる。
photo 16


板チョコを溶かし、絞り出し袋でパーチメントペーパーの
上に渦巻きに絞り出し、フリーザーで冷やし固めて
パイの上に飾り出来上がり。
photo 19


これは簡単で材料費も安いのに結構おいしくて
特にうちのあび様お気に入りです。

日本ではDulce de Lecheの入手がちょっと困難かも
しれないので、
コンデンスミルクを鍋でゆっくり火にかけ
キャラメルソースにするとイイかも。

アメリカではコンデンスミルクなんかと一緒に
普通のスーパーに置いています。

試してみてね~!


LA寒くて凍えてます。
↓クリックして温まろう!

カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ

こちらもついでにクリックお願いいたします。
 
いつもご贔屓いただき誠にありがとうございます

| パンとお菓子 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE ULTIMATEパンプキンパイ

すっかり月間化しちゃって
ご無沙汰でございます…

相変わらずバタバタしております。

あび様はバスケットボールシーズンに突入。
チームキャプテンとして、先日初の試合では
1人で12点入れました。そのうち3ポインター2回!

さて、前回の投稿から1ヶ月が過ぎまして
その間にはサンクスギビングがありましたね!

今年もハイデザートのminiっち宅へお邪魔し、
一緒にRさん宅におよばれしてきましたよ。


またまたものすごいご馳走!!!

ご主人が作るトラディショナルな
サンクスギビング料理と…
photo 35

奥様の素晴らしい日本食。
photo 36


少しずつ盛っても一皿に載りきらない(笑)。
photo 34


私はデザートのパイ2種類を持っていきました。

本日はそのひとつ、パンプキンパイをご紹介します。
photo 17


THE ULTIMATEパンプキンパイ
(参照:epicurious)

材料
(日本の分量です。アメリカの分量はカッコ内)

Crust パイクラスト
薄力粉 155g(1 1/4 cups)
粉砂糖 60g(1/2 cup)
バター 110g (1 stick)
生クリーム大さじ3

Filling フィリング
グラニュー糖 90g(3/4 cup)
ブラウンシュガー又は三温糖 大さじ1
コーンスターチ又は片栗粉 大さじ1
シナモン 小さじ2
粉ジンジャー 小さじ3/4
塩 小さじ1/4
15ozのパンプキン缶 もしくは蒸したかぼちゃの裏ごし430~450g
生クリーム 180cc (3/4 cup)
サワークリーム 120cc (1/2 cup)
全卵 3個
アプリコットジャム 適宜


作り方

For crust クラスト:
オーブンを350°F(175℃)に予熱。
薄力粉、粉砂糖、さいころに切った冷やしたバターを
フードプロセッサーにかけ、そぼろ状に。

生地がちょっとまとまるくらいまで少しずつ生クリームを加えては
フードプロセッサーを回す。

生地を手でまるくまとめてから、円盤状につぶし、
ラップをして冷蔵庫で15分冷やす。

粉を振った台の上に冷やした生地をのせて
麺棒で直径14インチ(35cm)に伸ばし、
9インチのパイ皿にのせる。
photo 1 photo 2 photo 3

生地が皿の縁から2.5cmくらいはみ出る部分を残して
それ以上ははさみで切り落とす。
そのはみ出た2.5cmは皿の縁で上側に折り曲げ、
内側からは右手の人差し指と親指ではさみ、
それを外側から左手の人差し指で突いて波型に飾る
(超わかりにくいですね…笑)

内側にアルミホイルを敷き、パイ用重り又は乾燥豆を
のせ、オーブンで10分焼き、
重りとアルミを除去してさらに10分焼く。
photo 3 photo 4 photo 5

パイ生地をオーブンから取り出したら、


パイ生地を金網の上で冷まし、ラップをして冷蔵庫で冷やす。
(前日にやってもOK。)


For filling フィリング:
オーブンの温度を325°F(165℃)に予熱。

フィリングの最初の6材料をボールに入れて
だまがなくなるまで泡だて器で混ぜる。
パンプキン、生クリーム、サワークリーム、卵を加えて
更に混ぜる。
photo 6


パイ生地の内側にアプリコットジャムをタップリ塗り
フィリングを流し入れ、オーブンで55~1時間
フィリングの内側が揺らしてもフルフルしなくなるまで焼く。
photo 7 photo 8 photo 9

パイ生地の縁が焦げるのでアルミホイルでカバーし
焼きの最後のほうで取り去る。


焼きたてはこんな感じ。
photo 12
冷ましてから冷蔵庫で冷やして出来上がり。


クリスマスにもいいかもよ~。


という訳で次回はもう1種類のほうをご紹介します。
photo 19


最近すっかりサボり気味…
気合のクリックお願いいたしますー!

カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ

こちらもついでにクリックお願いいたします。
 
いつもご贔屓いただき誠にありがとうございます

| パンとお菓子 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析